市川市の概要 < トップページ

江戸川区の概要

  • 概要
  • 地理
  • 歴史

概要

総面積は49.86km²で、23区内では4番目の広さだが、区民1人当たりの公園面積は23区内で1位である。
また、23区内で最も区民の平均年齢が若く、合計特殊出生率も23区内で最も高い。
東端には江戸川が流れ、千葉県に接する。区の南部は大半の地域が埋立地を占め、埋立地の南部には葛西臨海公園、葛西臨海水族園があり、南端で東京湾と接している。
コマツナ(小松菜)は江戸川区が発祥の地として知られ、現在の江戸川区小松川で将軍の吉宗が鷹狩りの際、見たことのない菜入りの汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。現在では「小松菜アイス」、「小松菜そば」等、小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られている。
また、朝顔の栽培が盛んで、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔である。

ヤスイ会員CLUB

ヤスイCLUBの3大特典
会社案内
お客様とのお約束
ERAとは?
ヤスイ住宅販売の売主物件情報